マメルリハ

2018年01月10日

まめちゃんのホームステイ

すっかり正月ボケの2号です。

お正月でも鳥さん達は出せ出せとケージにしがみついたり、キャッキャキャッキャとさえずったり、いつも通り。当たり前か・・・

鳥たちのこと以外はダラダラダラダラ過ごしていたので体重が・・・ガクガクブルブル
今年の目標は、ここ数年で10㎏近く増えてしまった体重をどうにか減らすことですっそんなことどうでも良いですか、そうですか。


そんな、お正月ムードからの切り替えがいまだできていない私の生活に変化が訪れております。

それは・・・


1号宅のマメルリハ「まめちゃん」が我が家にやってきたこと

IMG_6370
(うぅ~~ん。かわゆい。セキセイさんやオカメさんとは違った可愛さがあるわ


なぜそうなったかと言うと、ですよ。

ここ最近のまめちゃんは、以前のようにガブんちょ攻撃に恐れおののくことも少なくなり、1号の不安も少し減ったようで私も安心していたんですよね。


ただ、1号にはほかにも悩みがあったようで・・・


それは、もう1羽鳥さんを迎えた方がまめちゃんが淋しがらないのか、それとも他の鳥さんが増えたことによって逆にストレスになるのか否か。


そう、
2羽目の鳥さんをお迎えするかどうかを、深く、深ーーく、悩んでいるんですね。あっという間にセキセイインコ5羽を迎えた私とはえらい違いですわ。いや、私だって責任を持ってお世話させていただく所存ですが、なんだか深さが違うのですよ深さが。

確かに、生き物と一緒に暮らすというのはとっても重大な責任を負うことになる決断。そりゃ、いろんなことを考えてしまいますよねー


年末に1号とそんな話をしていた私は、

「しばらくの間、ウチの鳥さん達と一緒に生活させてみるのはいかが?」

と提案してみたんですよね。たくさん鳥さんがいる中で生活するまめちゃんの様子を見てみたらいいのでは?と思って。

以前、少しの間まめちゃんをあずかった時に元気がなくなるようなトラブルもなかったし、私も娘もまめちゃんとは何度も会っているのでちょっと長めの滞在も大丈夫だろうと。

それに、1号と2号宅は近距離にあるのですぐに帰ることもできますしね


そして、話し合った結果。まめちゃんの2号宅ホームステイが決定


まめちゃん大好きの娘も喜んでおりまして、
ジュースのペットボトル片手に、まめちゃんの我が家で初めての放鳥に立ち会う娘。

そんななか、早速まめちゃんが何やら怪しい動きを。

IMG_6372


それは娘のジュースよ、まめちゃん。


IMG_6374


・・・なんだか様子がおかしいわね


IMG_6376


え、まじか

初めての我が家での放鳥で、まめちゃんは何と、娘の飲む黄色いジュースのペットボトルと恋に落ちたようです。

この後もずっと、脇を少し開きギャギャギャと言いながら50センチほど離れては戻り、離れてはまた戻りを繰り返したりくねくねしたりして(いわゆる求愛ダンス?)いました・・・。

なんだかツルッとした質感の物が好きなのかしらね、おまめさんは。


IMG_6377


たぶん・・・
明日はもう・・・どこか遠いところに、ね



あ、肝心の他の鳥さんとの感じですが、セキセイさん達の放鳥時に見えるところにケージを置いて様子をみたところ、

まめさんは、

我関せず。いつも通りにケージの中を動き回って遊んでいましたね。

今のところ、他の鳥さんがいても何の問題もなさそう。というか、いてもいなくても変わらない、という可能性もあるかなぁ?

これからしばらくの間、まめちゃん観察が続きそうです。



◇2号◇


ブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援、ありがとうございます♪



現在当ブログは以下のSNSを使用しています。

@DailyParakeetj

日刊いんこ通信

@parakeetjournal
※いつもイイネくださる皆さま、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!




このエントリーをはてなブックマークに追加
shimarisu0201 at 20:00|PermalinkComments(0)
スポンサーリンク

2017年05月24日

まめちゃんの朝のご要望「ピー!(あの邪魔なのどかしてよ!)」

image

1号です。

まめが窓の外を眺めながら「まめちゃんかわいいかわいい❤」をエンドレスリピートしているのを聞きながら癒やされているわたしです。

夜。
まめちゃんのおうちに布をかけておやすみしますが、カバーを作っていないので厚手のタオルやフリースなどを3枚かけます。
最初は前から後ろにかけてタオルを1枚。
次に右側を覆うようにボア布1枚。
最後に左側を覆うようにフリースを1枚。
右側を覆う布は布幅が狭いので、右前側が少しだけ光が入ります。

朝になると、まめはそこからかいぬしの動向を探っているようで(ベッドが見える)、しばらくはひとりで「まめちゃんかわいいかわいい」「カキカキカキカキ」「んまめちゃん。んまめちゃん。」を繰り返してますが、わたしが布団を跳ね上げると「ぴいっ!」と一声かけられます…。

そしてケージに近寄り、前側だけタオルを上げてまめにおはようを言い、まめを眺めながらはみがき(行儀がよろしくなくスミマセン)。わたしが歯磨き中、なぜか必ずまめは毛づくろいをします。おなじことをしているつもりなのかも。

その後、白湯のためにお湯を沸かしたりするのですが、このとき台所と部屋の間の扉を開けておいてます。そうすると台所からケージの様子がわかるのですが、この時まめは、

image

の状態です。ストーカーか。

最近そこに居やすくなるいい位置にかじり木コーンを設置したので、ますます快適ストーカー生活のようです。


マルカン かじり木コーンS
※Mだと太すぎる…

で、そんな朝なのですが。
ある朝、いつものように「ぴいっ!」と言われおはようを言い、かいぬしはみがきまめ毛づくろい、かいぬしお湯沸かしに行く…の流れを行ってましたら

びー! びびびびびーっ!

と何やらお怒りの声が聞こえてきましたよ。

なんじゃろうと様子を見ると、

image

視界を遮るものがあったようです

見えないじゃん!
どかしてそれ!
のようでした。
そうだった。部屋干ししてたんだった。

外して、台所に戻って様子を見ると

image

ストーカー再び

愛されているようで、幸せです

ケージカバー作らなくっちゃな~。

◆1号◆

まめのストーキングに癒やされた方はClickおねがいします♪
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
shimarisu0102 at 20:00|PermalinkComments(0)
スポンサーリンク

2017年05月22日

まめちゃんのおやつに干し野菜作り

image

image

1号です。

せんじつおすすめした御本によると、お野菜も生の固体で与えたり、乾燥させたり、あるいはすり下ろしたりでことりさんの好みを探り、工夫してみると良いとのこと。

早速、いくつかの野菜を薄切りして乾燥させてみました。

image

かぼちゃ。

image

チンゲン菜の葉っぱのほう。

この他、薄切りにしたにんじんとパプリカも干してみましたよ。
ちなみに、スライサーや包丁で薄目に切って、キッチンペーパーの上で乾燥させています。
オーブンで乾燥させてもいいそうですが、わたしは焦がしたので 自然乾燥です。

普段まめは、どうやらかぼちゃとにんじんを好んでいる模様。与えるとシャクシャク食べ…ているのか遊んでいるのか。にんじんはもぐもぐが長い気がするけど。

干したお野菜はどうかな?

ケージ越しに干したチンゲン菜を差し出してみましたが、反対の手に持っているかぼちゃやにんじんが気になっているようでした。ので、かぼちゃとにんじんも差し出してみました。

とりあえずひとしきりケージ内で引っ張り回してました(餌入れに入れてみたり出してみたり、床に置いてみたり上の方に持ってきてみたり)。

その後出かけたのですが、帰ってきたらかぼちゃとにんじんはかなりかじられた状態で二つとも水浴び機に入ってました
水でもどしたのかな?

ちなみに、チンゲン菜は放置っぽい。
小松菜で再チャレンジかな~。

良い感じならば少し多めに作って瓶に入れて、乾燥剤を入れておこうかなと思います。
ダイソーにあった野菜を干せる網を買いたくなりました。

が、それがカラスを呼んだら嫌だしな~
悩ましいですね

◆1号◆

ランキングに参加しています。ぜひClickおねがいします♪
にほんブログ村 鳥ブログ マメルリハインコへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加
shimarisu0102 at 22:00|PermalinkComments(0)
スポンサーリンク

2017年05月10日

まめがセリアのお皿を嫌がった理由が(ほぼ)発覚。

image

1号です。
先日、2号が我が家にまめちゃんを見に来ました。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
shimarisu0102 at 21:00|PermalinkComments(0)
スポンサーリンク

2017年04月16日

恐怖⁉︎ マメルリハ「まめ」をお預かりした時の家族の話

噛まれてもまめちゃんが大好きです。

2号です。
今日は、まめちゃんを預かった時のことを。

 IMG_6979


1号宅のマメルリハ「まめ」とは何度か戯れたことがあるため、
噛むことは知っていました。

でも指しか噛まれたことがなかった私は、1号の苦しみを半分も分かっていなかった。

事情があり、まめを1週間ほど 預かった時にそう感じました。


指を噛まれた時
確かにウチのセキセイインコ達よりも痛かったのですが、それほど恐怖は感じていなかったんです。
目で見えているからかも知れませんね。

でも預かってすぐに耳を噛まれた時の痛さは想像以上。そしていつ来るかわからないという恐怖。
その日から私も1号と同じく、肩や背中にまめちゃんが止まった瞬間に恐怖を感じ鳥肌が立つようになったのです

そこで私はまめちゃんの放鳥の時にはフードをかぶって首と耳をカバーする完全防備。
さらに、噛む隙を与えないようにするためにあらゆるオモチャを繰り出し、
セキセイさんたちの放鳥とは比べものにならないほど遊びにエネルギーを使っての放鳥を、毎日朝夕30分。
まめちゃんのベッタリぶりはセキセイさん達にはないものだったので楽しい反面、消耗もしましたよ

本当はウチのセキセイさんとも仲良く放鳥できればいいな~なんて思っていたけれど、
噛まれると足が折れる可能性があると聞いたことがあったので、とてもじゃないけど同時放鳥はできなかった
(興味津々でまめちゃんのケージに群がるのを止めさせるのにも一苦労でした)



腕はもちろん、肩から頭まですっぽり布に覆わなければ恐怖に負けて放鳥どころではなくなってしまうので、

「今年から1号の夏は辛いものになるな…

などと考えて過ごした約1週間でした。




娘もまめちゃんは大好きです。自分に飛んできてくれることがうれしかったみたい。
だから、まめちゃんの放鳥を楽しみにしていました。

そんな娘も、1度手の平を跡が付くくらい噛まれてからは、
私と同じように耳を噛まれないようにフードをかぶって放鳥に参加。




そうすれば安心…と思いきや、

フードの端からチラッとまめちゃんの顔が見えるたびに恐怖におののく2人なのでした。



(↓こんな感じで)
IMG_7026


まめちゃんにしてみれば、「お顔を見せてよ~」的な感じで覗き込んでいるんだろうけど、
もう本当に震えていましたね。慣れませんね多分。何度噛まれても。

これが放鳥時間に何度も繰り返されるのです。
最終的に娘は放鳥に参加することはほとんどなくなり、遊んでも5分居るかいないか。
噛まれても可愛いけど、フードが鬱陶しくて面倒になったんですね。
かと言って、取って遊んであげる勇気まではない
それに私もケガをさせたくなかったし。

でも今でも娘はまめちゃんが好きです。噛まなければたくさん遊んであげられたのにな~と言っています。




そして、まめちゃんの恐怖を知らない夫が在宅していた日曜日、

「まめちゃん放鳥してくるね~」

と言ってセーターの上からおもむろにパーカーを着てフードをかぶる私。
それを夫が不思議そうに見ていたので、

「こうしないと耳噛まれるのよ。めっちゃ痛いのよ。マジで」

と真顔で報告。

そう言ってドアを閉めるかしめないかの時に聞こえてきたのは、

「そんなのイヤだ~・・・」というか細く切ない夫の声。

だよね。セキセイさんしか知らないあなたには理解不能だよね。

そう思いながら私は、放鳥という名の修行に向かったのでした。
セキセイインコの放鳥には参加することもある夫ですが、まめちゃんの放鳥には結局一度も顔を見せませんでした




マメルリハは噛むというのは聞いたことがあったけど、私の知っているセキセイインコとの差があり過ぎた
衝撃的でした。

でもせっかく一緒に暮らすなら、お互いにストレスなく過ごしたいはず。
何か解決策があるかも知れないと思い、1号と鳥の育て方の書物を探したのです。
まめちゃんだけでなく、セキセイさん達との関係にも役立つからね。


噛まれることを気にしながらの放鳥は正直大変だったけど、
それでもまめちゃんはとっても可愛い。
彼なりに一生懸命コミュニケーションをとろうとしているんだろうな、と思います。

だからこそ、
1号がリラックスしてまめちゃんとの放鳥時間を楽しめる日が来ることを願ってやみません。


頑張れ1号!
そして世の中の飼い鳥に噛まれて辛い思いをしている皆さんも!




◇2号◇

ことりさんに癒やされたらClickおねがいします♪
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村


 

このエントリーをはてなブックマークに追加
shimarisu0201 at 00:00|PermalinkComments(2)
スポンサーリンク